フード

寝かせ玄米とは?おすすめの寝かせ玄米と正しいダイエット方法で−5kg

最近話題の寝かせ玄米についての詳しい解説と、寝かせ玄米を使ったマイナス5kg目標達成ダイエット方法を紹介していきたいと思います。

普通の玄米のダイエットは苦手、美味しくなくてすぐに挫折してしまうという人や『美味しい玄米を探している』という人はぜひ寝かせ玄米がおすすめですよ。

寝かせ玄米って何?

寝かせ玄米は、その名の通り通常の玄米を炊き上がったらそのまま数日(3〜4日間)寝かせてから食べる方法のこと。

酵素玄米と作り方はほほ同じです。寝かせ玄米(酵素玄米)はとても多くの栄養やビタミン、食物繊維を含みます。

寝かせ玄米というフレーズは穀物専門店の『結わえる』社が商標登録されています。

結わえる寝かせ玄米をチェック!

完全食と言われる『玄米』がスーパー完全食になるのが『寝かせ玄米』です。ビタミンや栄養素が豊富でダイエットにも最適です。

寝かせ玄米は今までの『玄米ってダイエットに良いけどあまり美味しくない』という常識を覆した美味しくて食べやすい玄米です。

寝かせ玄米ダイエット方法

寝かせ玄米を使ったダイエットが人気です。(酵素玄米と呼ぶ人もいます)

寝かせ玄米ダイエットとは、小豆と少量の塩を混ぜて炊いた玄米を、3日間〜5日間炊飯器で保温したままにして水分が抜けてもちもちの食感となった状態のこと。

寝かせ玄米は”玄米の効果そのまま”に、食べにくい玄米を白米のように美味しく食べることができますのでダイエットに取り入れることが苦ではなくなります。

これが寝かせ玄米の最大のメリットです。

食事の際に白米ではなくこの寝かせ玄米を食べるだけといいダイエット方法で、玄米ダイエットで有名な長岡式酵素玄米もこの寝かせ玄米と同じジャンルです。

寝かせ玄米ダイエットのメリット

・消化良好
・胃腸に負担が少ない
・もちもち食べやすくて美味しい
・腹持ちが良い
・お通じが良くなる
・玄米が柔らかくなる
・カロリーカット、ヘルシー
・7号食ダイエットもできる

寝かせ玄米ダイエットにデメリット

・通常の玄米より若干高い

寝かせ玄米で1ヶ月−5キロ減ダイエット方法


寝かせ玄米で−5kgのダイエットを目指す方法は、全ての白米を寝かせ玄米にチェンジします。これだけでもかなりの効果が期待できます。

2週間でー8kgを狙える『玄米7号食ダイエット』はこちらをチェック!

朝食と、昼食はおかずを食べてもOK(脂っこいものはNG)夕食は就寝4時間前までに寝かせ玄米のみをたべるという方法です。

夕食に寝かせ玄米のみにすることが有効で、豊富な食物繊維で就寝中にしっかりとお腹の調子を整えてお掃除してくれます。

また、豊富なビタミンや栄養素で上手くデトックスさせる狙いがあります。

おすすめの寝かせ玄米

寝かせ玄米の名付け親、結わえる社の寝かせ玄米は、指定の契約農家の3種類の玄米を絶妙にブレンドし、圧力釜で炊飯する独自製法で作られています。

食感はとてももちもちで、お子様からお年寄りまで美味しくいただける玄米のごはんです。

結わえる社の寝かせ玄米はレトルト殺菌済みで、常温(未開封)でも1年間保存できますのでいつでもどこでも気軽に食事に取り入れることができます。

5キロ減ダイエットでは玄米ごはんをい続けることが重要になりますので手軽に食べられるレトルトパックが人気です。

 

味や雑穀の種類が選べるミックスパックや単品、1週間お試しセットなど豊富な種類がありますので飽きずに玄米を続けることができます。

またスーパーなどにある市販の玄米と比較しても結わえるの寝かせ玄米はとても食べやすく美味しいです。

『結わえる』公式ページを見に行く

寝かせ玄米を食べた人の口コミ

寝かせん玄米はとにかく美味しさと食べやすさで口コミの評価がとっても高いのが特徴ですね。

寝かせ玄米の効果と特徴

寝かせ玄米には通常の玄米と同様のとても豊富なビタミンや栄養素が含まれています。

ビタミンB1やナイアシンが豊富

体内の脂質や糖質をエネルギーに変えて燃焼させるサポートをします。また、疲労の回復にも効果的です。

食物繊維が豊富

寝かせ玄米は食物繊維がとても豊富です。

腸内の宿便などのお掃除のサポートをしたり腸内環境を整えてくれるのでダイエットに有効です。

カリウム(重要)が豊富

カリウムは女性に多い『むくみ』の原因になる体内の水分の排出にとても有効です。

白米を玄米にチェンジするだけでも水分太りの人はかなり体がすっきりとします。

ビタミンB6が豊富

たんぱく質の分解をサポートします。

 

これ以外人もダイエットとは関係ありませんが葉酸や美容に有効なミネラル、カルシウムもとても豊富です。

 

自分で寝かせ玄米を作りたい!

レトルトではなく自分で美味しい寝かせ玄米を作りたいと思う人も多いと思います。

寝かせ玄米を作るためには手間と時間がかかりますが、コツさえ覚えてしまえば通常の玄米ご飯より何十倍も美味しく玄米ダイエットをすることができます。

初めての寝かせ玄米作り

初めて寝かせ玄米を作りたいという人におすすめなのが寝かせ玄米を開発した結わえる社の『自分で炊く寝かせ玄米セット』(作り方つき)です。

レトルトタイプより少し安くなりますので時間に余裕がある人や作ってみたいけど作り方がわからない人にはオススメです。

このセットにはお試しトライアルセットがあります。

少し量が少ないので-5kgのダイエットを目指すには足りませんが、たっぷり1週間ほどの量はありますので2〜3キロのダイエットは十分目指せます。

結わえるブレンド小豆ミックス:6合(約900g)

・奥能登海水塩×100g

このお試しのセットは1,200円なので初めてトライする人にはお得でおすすめです。

 

もっと本気で作りたい!という人にはリピーター向けのこちらがオススメです。

この寝かせ玄米セットは3種類の厳選された寝かせ玄米を使用した素晴らしい栄養バランスのセットです。

そして約1ヶ月分以上とたっぷりありますので白米と置き換えて十分-5kg以上のダイエットが狙えます。

このセットが1番人気(リピーターが多い)があります。

・3種類の厳選玄米を使用した結わえるブレンド5kg=1袋
・15穀×200g=1袋
・はと麦×200g=1袋
・小豆×200g=1袋
・ごま塩×100g=1袋
・しそのふりかけ×25g=1袋
・乳酸菌醗酵補助食品”醗酵5”×20袋

このセットはリピーターに人気のセットで、作り方ガイドなどはついていません。

作り方ガイドも欲しい人は、お試しセットと一緒に購入するのも良いですし、公式オンラインショップで別途270円で炊き方ガイドを購入できます。

この他にも寝かせ玄米で生きていきたい〜!という人におすすめの寝かせ玄米を美味しく作れる圧力+保温炊飯器のセットなど本気すぎるセットもあります。

こちらは健康思考の方や、いつまでも健康でいて欲しいご両親へのプレゼントなどに良さそうですね。

寝かせ玄米を自宅で作れるセットはコスパがいいのでオススメですよ。

『結わえる』オンラインストアで
自分で炊くセット詳しく見る!

市販の玄米を使った寝かせ玄米の作り方

 

市販の玄米を使って寝かせ玄米と作る方法を紹介したいと思います。今回は寝かせ玄米2合の作り方です。

寝かせ玄米の材料

・市販の玄米2合(できれば発芽タイプ)
・小豆25g
・天日塩3g

まずは市販の玄米を2合分市販の小豆を25g天日塩(スーパーにあります)を3g用意します。使うのはこれだけです。

  1. 玄米と小豆をさっと水洗いします。
  2. 玄米と小豆を10倍の水に浸して12時間〜一晩放置します。(毒素抜き)
  3. 塩を入れて玄米、発芽玄米炊きモード(ほとんどの炊飯器についています)で炊きます。もし玄米モードがついていない場合は水分を50cc多くします。
  4. 炊けたら蓋を開けずに1時間弱蒸らします。
  5. その後保温のまま1日に2〜3回ほど上下を回転させるように混ぜます。
  6. 3日経過したら寝かせ玄米の出来上がりでです。

あれ?と思ったら注意

玄米がパサパサするとき
玄米がパサパサ、ボソボソしているような時は、その玄米の種類に対して吸水・浸漬時間が不足しています。また、水分が不足している場合もありますので次回20cc多くしてみるのがおすすめ。

玄米がべちゃっとしてしまったとき
使用した玄米に対して吸水・浸漬時間が長すぎたことが原因、または水が多すぎています。

玄米が臭い、匂いが気になるとき
玄米の洗いが足りない、玄米の鮮度が悪い(賞味期限以内でも古くなると臭くなる場合も多いです)

古い炊飯器の場合、通常問題なく使えていても寝かせ玄米を作るには保温機能が弱く失敗することもあるので注意しましょう。

寝かせ玄米ダイエットのまとめ

寝かせ玄米は炊いた玄米を炊いた後に、すぐに食べずに数日間寝かせることで、ぬかに含まれる酵素が働き「GABA(ギャバ)」という物質が増えるとも言われています。

このギャバという成分はストレスの軽減、リラックス効果が期待できるのでお仕事で疲れている時は特に白米ではなく玄米を食べるのが良いでしょう。

玄米ダイエット方法と美味しいと話題のおすすめ玄米を紹介!7号食とは?玄米を食事に取り入れて、体内から変化させてダイエットを狙いたいという"玄米ダイエット"方法は今も昔もとても人気です。 そんな玄米ダ...
2週間もち麦ダイエット方法や効果を詳しく解説!もち麦ダイエットがとても注目されているという話題はTVや雑誌で最近良く見かけることが増えてきたのではないでしょうか? 今回はそんな...