フード

野菜ジュースは栄養がないって本当?おすすめの健康ジュースを紹介!

健康のために、栄養が不足しているから野菜ジュースを飲んでいる人は多いですよね。

でも野菜ジュースは栄養が無いという噂もよく聞きます。

実際は野菜ジュースは効果や栄養は全く無いのでしょうか?

野菜ジュースの効果がないと言われる3つのポイント

野菜ジュースはが栄養や効果がないと言われるのには大きな理由があります。

生の野菜ほどの栄養がない

野菜ジュースには生の野菜やサラダなどを食べるほどの栄養はありません。そのため、野菜ジュースを飲んでも(生の野菜ほどは栄養がない=栄養がない)というイメージがあります。

野菜ジュースには1日分の栄養が〜といったものもありますが、栄養素が入っている生野菜だけで、それが全て体に摂取されるわけではありません。

生野菜にはない添加物が多い

野菜ジュースには、生野菜にはない食品添加物がとても豊富に含まれているものが多いです。そのため、野菜ジュースの中のビタミンCはこの後から添えている添加物によるものが多いため体によくない、ビタミン類は食品添加物によるもの、栄養がないというイメージを持つ人も多いようです。

【結果】野菜ジュースの栄養はある?ない?

野菜ジュースは栄養がないわけではありません。

しかし、生の野菜を食べるのと同じく栄養満点!というわけではないので、野菜ジュースだけで済ませようと思うと栄養不足になってしまうこともありますので注意が必要です。

野菜ジュースには様々な種類があるので、質の良い野菜ジュースを選ぶのがおすすめです。

ビタミンやミネラルをたくさん摂取する方法

実は野菜ジュースで豊富に摂取できる栄養素もあります。

野菜ジュースのように加熱処理されてもビタミンA、E、K、鉄分、カリウム、マグネシウムなどはきちんと残ります。また、キャロットジュースなどに含まれるβカロテン(ベータカロテン)も野菜ジュースにしても変化はほぼないと言われています。

それどころかなんとジュースにすることで体内への吸収率がアップするとも考えられています。

同じくトマトジュースに含まれるリコピンもジュースにすることで体内への吸収率が約4倍にまで向上します。

健康になる1日の野菜摂取量は?

健康を意識して生活したい場合、1日に野菜350gを食べると良いでしょう。

厚生労働省や日本栄養士会が1日350gの野菜の摂取を推奨しています。また350gの内訳は(緑黄色野菜160gほどと言われています。)

野菜ジュースの選び方

野菜ジュースの種類は目的別に選ぶのがおすすめです。

立ちくらみや貧血気味が気になる人には鉄分が豊富な野菜ジュースがおすすめ。

健康維持や生活習慣病美肌が気になる人には青汁やリコピンを豊富に含むトマトが入っているなどがおすすめ。

ダイエットには糖質を抑えた野菜ジュースがおすすめ。

【おすすめの野菜ジュース】

編集部がオススメする栄養やビタミンが豊富な野菜ジュースを5つ紹介したいと思います。

ピカイチ野菜くん/繊維入りにんじんりんごレモンジュース

1本約400円の栄養満点人参&レモン&りんごの野菜ジュースです。少しお高く感じますがたっぷり200mlで人参の抗酸化効果もたっぷりと含まれています。

nまるでボリュームたっぷりの野菜を丸ごと食べているような高品質タイプ。ご贈答やお子様の栄養管理、ご年配の方の健康管理などにもおすすめです。

【お砂糖不使用、無添加】の本物志向ジュースで、食物繊維がとても豊富です♪

200ml/1000ml瓶タイプ、冷凍タイプがあり冷凍タイプはさらにお好みの野菜ミキサーでミックスして、”極上スムージー”として飲むのがおいしくておすすめですよ^^

詳しくは公式サイトでチェック

⇒編集部が実際にお試ししてみました!【レビュー記事へ】

サンスター/緑のサラナ

コレステロールが気になる時におすすめ

メタボリックが気になる、コレステロールを下げたい!暴飲暴食が気になるなどという人におすすめなのが【サンスターのトクホ”緑のサラナ”

特にコレステロールの基準値を下げて健康を維持したい人におすすめです。

この野菜ジュースは消費者庁の検査をクリアしたトクホで品質や安全性が認められています。

“お一人さま一回限定”30缶お試しキャンペーンもありますので公式サイトでゲットしよう!

詳しくは公式サイトでチェック

世田谷自然食品/十六種類の野菜ジュース


TVCMや健康雑誌でもおなじみのせ方が自然食品の十六種類の野菜ジュースは濃縮トマト還元のトマトジュースをメインに豊富な野菜やフルーツの栄養やビタミンが摂取できる人気の野菜ジュースです。

トマトジュース(濃縮トマト還元)、 野菜ジュース(にんじん・メキャベツ(プチヴェール)・キャベツ・なす・アスパラガス・セロリ・はくさい・だいこん・ケール・レタス・クレソン・ほうれん草・パセリ・ビート・かぼちゃ(濃縮還元))、レモン果汁

詳しくは公式サイトでチェック

タケダ/緑の習慣 青汁タイプジュース

栄養豊富なユーグレナを使用!


タケダが販売するユーグレナを青汁のように仕上げた”青汁タイプ野菜ジュース”がとてもおすすめです。

【ユーグレナとは】

緑葉色野菜のようにここ数年栄養が大注目されているミドリムシのことで、ミドリムシといっても、植物と動物両方の性質を持った微細【藻類】で、ワカメやコンブの仲間です。

ユーグレナは植物のように光合成を繰り返して成長します。そしてその栄養を溜め込んでいくのです。植物性と動物性の2つのチカラを持っている栄養豊富な微生物です。

この栄養豊富なユーグレナに加えて【明日葉】【大麦若葉】【ケール】の糖質オフで栄養素が豊富な緑野菜を使った野菜ジュースでとてもおすすめです。

ユーグレナには沖縄の石垣島産のユーグレナが使用されています。カロリーも低くと健康管理や栄養補充に効果的です。

狙いの効果で選ぶ野菜ジュースの種類を変える

トマトベースなら「リコピンやカリウム、カリウム」を摂取したいのならば、トマトジュースやトマトを豊富に使用しているものがおすすめ。「βカロチン」で美肌を狙うなら人参ジュースや人参のエキスを豊富に使用しているものを選ぶのがおすすめです。

リコピンの効果

体内の悪玉コレステロールの酸化を抑制する効果が期待できます。また、血流を整える効果があるとも言われます。

カリウムの効果

カリウムには体内に溜め込んだ余分な水分や塩分を排出させる効果があります。

βカロテンの効果

βカロテンは皮膚や粘膜を強化したり形成するサポートをする働きがあります。

栄養が足りないと感じたらすることまとめ

日々の生活のなかで1日に必要とされている栄養を全て摂取するということはサプリメントなどに頼ったり、しっかりと計算して野菜を購入、調理して豊富に摂取しなければいけません。

でもなかなか難しいという人がほとんどでは無いでしょうか?

栄養が足りていないと貧血になったり、朝起きれなかったり、疲れが溜まったり、怪我をしやすくなったり風邪をひきやすくなったり、口内炎ができたり、太ったり、むくんだり、肌が乾燥したり荒れたり・・・と多くのトラブルを引き起こしてしまいます。

なんだか栄養が足りて無いな、と感じたらまずは今どれだけの野菜を食べているのか?何が不足しているのか?を把握して野菜の量を増やしてみたり、野菜ジュースや青汁などを飲むのがおすすめです。

リコピンの効果まとめ!含有量の多い野菜や美容にいい食べ方を紹介トマトやスイカ、ピンクグレープフルーツなどは好きな女性も多い野菜やフルーツです。 これらの野菜に多く含まれているのが「リコピン」で...
人参はカラダにいい成分が豊富!効果や効能を徹底調査カレーやサラダ、焼き野菜としてそのままなど、色々な調理ができる万能野菜として便利な人参。人参の"旬"はいつ頃?どんな食べ方が一番良いの?...
トマトの美容効果とまとめ!トマトでキレイになる方法とおすすめの食べ方実はいつも元気でキレイな人はみんなトマトを食べているという説があります。 ヨーロッパではトマト農家に病人が出ないと語り継がれていま...