ライフスタイル

結婚記念日の年数別プレゼントの正しい選び方と意味|大切な人へ素敵な贈り物をしよう

結婚記念日には毎年名前がついています。

結婚記念日には各年数(周年)に意味の込められた名前がついています。記念のプレゼント(ギフト)は年数につけられた名前の意味を持つものを贈るのが「正しい選び方」です。

結婚年数別の呼び名(名称)と意味を知っておこう!

結婚記念日は、「15年目までは1年ごと」「15年目以降は5年ごと」にそれぞれ名称と意味があります

1年目/紙婚式 11年目/鋼鉄婚式 45年目/サファイア婚式、紅玉婚式
2年目/綿婚式 12年目/絹婚式、麻婚式 50年目/金婚式
3年目/革婚式 13年目/レース婚式 55年目/エメラルド婚式
4年目/花実婚式 14年目/象牙婚式 60年目/ダイヤモンド婚式
5年目/木婚式 15年目/水晶婚式 65年目/ブルーサファイヤ婚式
6年目/鉄婚式 20年目/磁器婚式、陶器婚式 70年目/プラチナ婚式
7年目/銅婚式 25年目/銀婚式 75年目/ダイヤモンド金婚式
8年目/ゴム婚式 30年目/真珠婚式 80年目/樫婚式
9年目/陶婚式 35年目/珊瑚婚式、翡翠婚式 85年目/ワイン婚式
10年目/錫婚式、アルミ婚式 40年目/ルビー婚式、緑玉婚式

それぞれの年数と名称には意味があります。例えば、6年目の結婚記念日である「鉄婚式(てつこんしき)」には
“鉄のように強い人生を”という意味があります。6年目の結婚記念日には鉄製のものをプレゼントするのも粋な計らいですね。

また、11年目の結婚記念日・鋼鉄婚式(こうてつこんしき)には”鋼鉄のように強い愛の絆で結ばれる”という祈りが込められているのだそう。
それぞれに意味が込められていますので、年数にあった贈り物をすると良いでしょう。

結婚5周年記念日”木婚式”におすすめのプレゼント

結婚5周年目には「木婚式」という名称がついています。
“きこんしき”や”もっこんしき”と読みます。木婚式には夫婦2人がようやく1本の木のように一体になるという意味が込められています。

結婚5周年の記念にはそんな意味の込められた観賞植物や木製置物などをプレゼントするのが意味のこもった素敵な記念の贈り物になります。

・木製の写真立てや雑貨、小物
・観葉植物など

結婚10周年記念日”錫、アルミ婚式”におすすめのプレゼント

結婚10周年目には「錫婚式、アルミ婚式(アルミニウム婚式)」という名称がついています。
“すずこんしき”や”あるみこんしき”と読みます。錫婚式、アルミ婚式錫婚式、アルミ婚式には錫のように柔らかさく美しく両方を兼ね備えて優しさを大切にという意味が込められています。

結婚10周年の記念のプレゼントには「錫製(すずせい)」の食器がを送るのが王道。錫製のコップやマグカップは最後まで美味しく楽しめることから、夫婦の愛もこれからも変わらないようにという思いを込めて贈ります。10年ありがとう!これからも変わらずよろしくお願いしますと言う素敵な意味が込められた記念の贈り物です。
・アルミ、錫製(すずせい)の食器や雑貨
・掛け時計なども人気

 

結婚15周年記念日”水晶婚式”の意味とおすすめのプレゼント


結婚15周年目には「水晶婚式」という名称がついています。
“すいしょうこんしき”と読みます。水晶婚式には、水晶のような曇りのない夫婦関係があってこそ、15年間を共にすることができたという信頼関係を意味しています。

結婚15周年の記念にはそんな意味の込められたプレゼントには「水晶」を使用した置物や身につけるものを送るのがおすすめ。水晶には浄化作用があります。今までの感謝と浄化、今後の幸せを願う意味のこもった素敵な記念の贈り物になります。
・水晶でできた置物や飾り物
・水晶を使用したアクセサリー

 

結婚20周年記念日”磁器婚式”におすすめのプレゼント

結婚20周年目には「磁器婚式」という名称がついています。
“じきこんしき”と読みます。磁器婚式は、磁器のように年月の経過と共に価値か増していく夫婦の関係を示しています。

プレゼントは「磁器」の食器や置物など磁器製品を贈るのがおすすめです。

・磁器でできている物
・磁器性の食器類

結婚25周年記念日”銀婚式”におすすめのプレゼント

結婚25周年目には「銀婚式」という名称がついています。
“ぎんこんしき”と読みます。銀婚式は25年目の大きな節目といわれていて、結婚生活の一区切りと捉える25周年に記念にはいぶし銀のように落ち着いた美しい夫婦の関係を讃えていま。

結婚25周年の記念にはそんな意味の込められたプレゼントには「銀」を使用した食器やカラトリーを送るのがおすすめです。

・銀製の食器やカラトリー
・銀製のもの

結婚30周年記念日”真珠婚式”におすすめのプレゼント

結婚30周年目には「真珠婚式」という名称がついています。
“しんじゅこんしき”と読みます。真珠婚式には、海の宝石と愛される真珠のように夫婦の30という貴重な時間と築きあげてきた大切な30年を富と健康を表しています。

真珠のアクセサリーや小物を贈るのが定番です。また他の年数の結婚記念日に比べて大きな節目としてギフトの他にも「お祝い事」をするご夫婦、家族も多いのが特徴です。

・真珠のアクセサリー
・真珠をあしらった小物や飾り、置物など

結婚35周年記念日”珊瑚婚式”におすすめのプレゼント


結婚35周年目には「珊瑚婚式」という名称がついています。

“さんごこんしき”と読みます。珊瑚婚式には、35年(さんご)かけて築きあげた夫婦の絆を、長い年月をかけて成長する貴重な珊瑚に例えた意味が込められています。

結婚35周年の記念のプレゼントには「珊瑚」の形をしたアクセサリーや置物、雑貨などを贈るのがおすすめです。または、沖縄などサンゴ礁に触れることのできる場所への記念日旅行も人気があります。両親の35周年の結婚記念日に旅行をプレゼントするのも素敵ですね。

・珊瑚をモチーフにした置物や雑貨
・沖縄などの珊瑚を見ることができる場所への夫婦旅行や家族旅行

結婚40周年記念日”ルビー婚式”におすすめのプレゼント


結婚40周年目には「ルビー婚式」という名称がついています。
“るびーこん”と読みます。ルビー婚式は、ルビーの赤く深い色のような2人の深い愛と絆を表していると言われています。

結婚40周年の記念にはそんな深い意味の込められた「ルビーがついているもの」を贈るのがおすすめです。夫婦間であれば、女性側には指輪やネックレスなどのアクセサリーが人気!男性側へはルビーをあしらったネクタイピンや、ルビー色の万年筆などがおすすめ。また、夫婦2人で使用できる”ルビー色の置物や食器など”も人気があります。

・ルビーをあしらったもの
・ルビー色のもの

結婚45周年記念日”サファイア婚式”におすすめのプレゼント


結婚45周年目には「サファイア婚式」という名称がついています。
“さふぁいあこんしき”と読みます。サファイア婚式には、サファイアの石言葉にある「誠実」「徳」「高潔」といった人々に慕われる人柄をイメージしています。またサファイアの澄んだブルーのように澄んだ2人の絆も表しています。

結婚45周年の記念にはそんな意味の込められたプレゼントには「サファイア」を使用したアクセサリーや置物などがおすすめ。男性側へはサファイアをあしらったネクタイピンやカフス、サファイア色の小物が人気があります。お揃いのサファイアの指輪などもおすすめです。

・サファイアを使用したアクセサリーなど

結婚50周年記念日”金婚式”におすすめのプレゼント

 

結婚50周年目には「金婚式」という名称がついています。
“きんこんしき”と読みます。金婚式には、50年という長い年月寄り添ってきた2人の絆に対して、金色の美しい輝きを意味しています。

結婚50周年の記念日にはそんな意味の込められた金を使ったものを夫婦で送り合うことも多いですが、金婚式にはプレゼントではなく親族や家族でお祝いの食事や旅行に出かけることが一般的です。

プレゼントをあげる場合は金を使った置物や食器、夫婦お揃いの箸置きや箸などがおすすめです。

・家族での食事や旅行
・金を使用したアイテム

結婚55周年記念日”エメラルド婚式”におすすめのプレゼント

結婚55周年目には「エメラルド婚式」という名称がついています。
“えめらるどこんしき”と読みます。エメラルド婚式には、エメラルドの深く落ち着いた緑のような、穏やかで尊い夫婦を生活や絆を表しています。

結婚55周年の記念日にそんな意味の込められた「エメラルド」を使用したアクセサリーや小物、置物などを夫婦間で贈るのが一般的です。

また子供から両親へのプレゼントは「物」ではなく一緒に過ごす時間を”旅行”や”食事”などを贈るのが一般的です。エメラルドの緑色のような山や海を眺めることができる旅館やホテルなどへの親族、家族での旅行が人気!
・エメラルドを使用したアイテム
・エメラルド色(緑)の場所への旅行や食事

結婚60周年記念日”ダイヤモンド婚式”におすすめのプレゼント

結婚60周年目には「ダイヤモンド婚式」という名称がついています。

“だいやもんどこんしき”と読みます。ダイヤモンド婚式は、ダイヤモンドようにどんな時代でも貴重で素晴らしい存在、ダイヤモンドのように親族や一族が末長く繁栄していくことを願う意味が込められています。

結婚60周年記念日には夫婦間では「ダイヤモンド」を使用した指輪などのアクセサリーや小物贈り合うこともりますが、60年が経過しても夫婦2人が揃って迎えられることを最高の幸せと幸せと捉え「物」ではなく旅行や食事などの”時間”をプレゼントするのがおすすめです。
・ダイヤモンドを使用したアイテム
・旅行、食事などの時間

結婚65周年記念日”碧玉婚式・ブルースターサファイア婚式”におすすめのプレゼント

結婚65周年目には「碧玉婚式・ブルースターサファイア婚式」という名称がついています。
“すたーさふぁいあこんしき・みどりだまこんしき”と読みます。碧玉婚式・ブルースターサファイア婚式は、65周年を迎え透き通った深みのある輝きを持つ、ブルースターサファイアのように、夫婦で積み重ねてきた時間の奥深さを噛み締めて欲しいという意味が込められています。

また、ブルースターサファイヤの表面のよう家族や周囲をこれからも澄んだ存在で照らしていて欲しいという願いも込められています。

65年の苦楽を共にした夫婦を象徴する宝石です。お祝いのプレゼントにはブルーのガラスや透き通ったブルーがイメージできる小物や雑貨、飾って楽し無ことのできるアイテムがおすすめです。

サファイアを使用したアクセサリーや身につける物も人気です。

・サファイアを使用したアクセサリーや小物
・ブルーサファイアのように美しいブルーガラスでできたものなど

結婚15周年の記念にはそんな意味の込められたプレゼントには「水晶」を使用した置物や身につけるものを送るのがおすすめ。水晶には浄化作用があります。今までの感謝と浄化、今後の幸せを願う意味のこもった素敵な記念の贈り物にになります。

・水晶を使用した置物や小物類
・水晶のアクセサリー

結婚70周年記念日”プラチナ婚式”におすすめのプレゼント

結婚75周年目には「プラチナ婚式」という名称がついています。
“ぷらちなこんしき”と読みます。ラチナ婚式は、白く光り輝くプラチナのような奇跡の美しさや、長寿と一族の繁栄を意味する最高の結婚記念日としてお祝いします。

結婚75周年の記念にはそんな意味の込められた「プラチナ」を使用した指輪などのアクセサリーを贈るのが定番でおすすめです。

・プラチナのアクセサリー

結婚75周年記念日”ダイヤモンド金婚式”におすすめのプレゼント

結婚75周年目には「ダイヤモンド金婚式」という名称がついています。
“だいやもんどきんこんしき”は75年目の記念であるダイヤ婚式と50年目の金婚式の素晴らしさを併せ持つ貴重で素晴らしい記念を祝います。夫婦揃ってこの日を迎えられるのはダイヤモンドよりも大きな価値があるという意味があります。

結婚75周年の記念にはそんな意味の込められた「ダイヤモンド」を使用した指輪などのアクセサリーを贈るのがおすすめです。

・ダイヤモンドのアクセサリー
・ダイヤモンドをあしらったもの

結婚80周年記念日”樫婚式”におすすめのプレゼント

結婚80周年目には「樫婚式」のお祝いをします。”かしこんしき”と読み、日本でも古くから生活の多くに取り入れられてきた樫(かし)の木のように、家族や周囲の人々の支えがあってこそ結婚80周年めを迎えられたことに感謝し、夫婦2人の素晴らしく尊い記念日を祝います。別名(海外では)オーク婚式とも呼びます。

樫婚式のプレゼントには、樫の木でできたものを贈りましょう。樫の木製のお箸や箸置き、置物などがおすすめです。
・樫の木でできたもの(置物や、写真たてんどの飾れるものが人気)
・箸や箸置き、杖など

結婚85周年記念日”ワイン婚式”におすすめのプレゼント

結婚85周年目には「ワイン婚式」のお祝いをします。”わいんこんしき”と読み、長い年月をかけて熟成されて人々に愛され、楽しまれる年月の経過と共に深みが増していくワインに例えられています。

85年間に渡って2人が共に歩んできた「夫婦」の絆や深い愛を再確認するという意味があります。ワインが好きであれば年代物のワインを贈りましょう。また、ワイン色のハンカチや夫婦お揃いの小物を贈るのがおすすめです。

・ワイン
・ワインカラー(ボルドー)の小物やアクセサリー
・ワインを囲み、親族や家族でお祝いをする(食事や旅行など)

結婚記念日の贈り物のまとめ

結婚記念日は年数別にそれぞれ深い意味を持っていますので、年月ごとの意味を持つプレゼントを贈りたいものですよね。

夫婦間ではアクセサリーを贈るのが定番ですが、家族から両親へのプレゼントはアクセサリーなどではなく、お祝いの旅行や食事をプレゼントして「時間」を共にすごし一緒にお祝いをするのが定番です。

ぜひ大切な人へのお祝いに贈り物をしてみてはいかがでしょうか?